> ニュース > 会社ニュース

小型変電所の適用現状

2024-01-08

経済の継続的な発展に伴い、中国の都市送電網は大幅な進歩を遂げた。グリッド開発の長期的なプロセスにおいて、変圧器ユーザーの電力需要を満たすために、高圧電力を低圧電力に変換するために利用されてきました。ただし、この変換プロセスには多大なエネルギー損失が伴い、多大な経済的無駄が生じます。したがって、変電所の継続的な最適化は、エネルギー消費の節約において重要な役割を果たします。さらに、従来の変電設備は都市の景観デザインと衝突することが多く、都市の美観に悪影響を及ぼします。したがって、500 kva 500 kva の小型変電所の設計は、都市景観の設計とシームレスに統合する必要があります。これらの課題に対処するために、インテリジェント システムを採用して 500 kva の小型変電所を管理し、運用の自動化とインテリジェントな管理を実現します。これにより、ユーザーにとって安全で信頼性が高く効率的なエネルギー伝送が保証されると同時に、エネルギー損失が大幅に削減され、中国の変電所産業の発展が促進されます。




500 kva 500 kva 小型変電所の特徴:


1. 最小限の設計作業負荷:


従来の変電所の設計には、土木面や電気面を含む多大な作業が伴います。しかし、500kvaの小型変電所では最小限の土木設計で済み、作業負荷が大幅に軽減されます。

2. 短い製造サイクル:

電気設計者は、500 kva 500 kva 小型変電所の一次配線図と外部機器のレイアウトを作成します。指定された設計要件に従って、すべてのコンポーネントの組み立てとテストが工場で完了します。このモジュール式アセンブリのアプローチにより、製造時間が大幅に短縮され、従来の変電所と比較して全体のコストが削減されます。

3. 低い投資コスト、モバイル機能:

500 kva 500 kva コンパクト変電所は、同様の構成の従来の変電所と比較して投資を 50% 以上節約します。 500 kva 500 kva コンパクト変電所は可動性があるため、屋外の建設作業での電力需要に特に適しています。

4. 美しい外観:

シンプルな設計の 500 kva 500 kva コンパクト変電所は、混雑した都市部や住宅地に適しています。人口が密集した都市のターミナル送電網や大規模な工業企業や鉱山企業でよく使われています。短い生産時間、高い生産効率、低い運用コスト、小さな設置面積、柔軟な組み立て方法、迅速な設置などの利点により、さまざまな分野で広く適用でき、配電システムに不可欠な部品となっています。

5. 荷重センターに近づく:

設置面積が小さく、適用範囲が広いため、500 kva 500 kva の小型変電所は負荷の中心近くに配置でき、電力供給線の半径を小さくできます。これにより、電圧降下とエネルギー損失が減少し、電源の品質が向上します。




500 kva 500 kva 小型変電所の課題 アプリケーション:


1. 防火上の問題:


500 kva 500 kva の小型変電所は、完全に密閉され無人で動作するため、特に動作温度が高い場合、火災の危険が発生しやすくなります。火災安全上の懸念に対処するには、包括的な考慮が必要であり、安全性を高めるための自動消火システムの追加が含まれる場合もあります。

2. 容量の制限と拡張の難しさ:

500 kva 500 kva 小型変電所の容量は限られており、拡張は困難です。それらを変更するには追加のボックスが必要になることが多く、非効率性、コストの増加、およびスペース使用率の問題につながります。

3. メンテナンスにおける課題:

500 kva 500 kva の小型変電所内の限られたスペースと完全に密閉された運用により、障害を迅速に検出して修復することが困難になります。限られたスペースによって引き起こされる運用上の問題に対処するには、改善が必要です。


予防:

1. 避雷と接地:

屋外面積が 1500 平方メートル未満の 500 kva 小型変電所の場合、安全基準を満たすためには、接地システムを拡張し、避雷針を戦略的に配置することが不可欠です。

2. ボックスと主変圧器の間の最小火災分離距離:

火災安全基準に準拠するには、ボックスと主変圧器の間に最小 10 メートルの分離距離が必要であり、変電所の信頼性と安全な動作が保証されます。

3. 環境管理:

ボックスにヒーター、デュアル温度エアコン、煙感知器、温度コントローラーを装備することで、環境パラメータが指定された制限内に確実に維持されます。故障を防ぎ、機器の寿命を延ばすためには、高品質の温湿度コントローラーが不可欠です。




将来の開発展望:

1. 耐火性の向上:

特にボックス内の補償コンデンサとケーブルに関連する潜在的な火災の危険を考慮すると、耐火性の強化は非常に重要です。消火設備の総合的な改善は、火災の安全性の向上に貢献します。

2. 容量の増加:

限られたスペースを最適化し、発信間隔の不十分な間隔や不便なメンテナンスや分解に関連する問題を解決するには、設計者は設計プロセス中にボックスの容量を慎重に検討し、適切な拡張機能を確保する必要があります。

3. スマートボックス変電所の開発:

一部の 500 kva 小型変電所には、すでにインテリジェントな制御デバイス、通信インターフェイス、電源構成が組み込まれており、あるレベルのスマート オートメーションを実現しています。この方向でのさらなる開発には、開閉装置ステータスのリアルタイム監視、低電圧スマート スイッチを使用した障害検出、およびマイクロコンピュータ保護が含まれており、変電所の最適なパフォーマンスを確保します。

結論:

中国の500kva小型変電所は、国家経済発展と住民生活の確保に不可欠な設備として、先進国に比べて研究開発の余地がまだ残されている。技術動向を理解し、より信頼性の高い、高度にインテリジェントな 500 kva 500 kva 小型変電所製品をユーザーに提供するには、メーカーの継続的な努力が必要です。



We use cookies to offer you a better browsing experience, analyze site traffic and personalize content. By using this site, you agree to our use of cookies. Privacy Policy
Reject Accept